上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



いつからか、ワタシは心の内を話せない子になってしまいました。



昔は相談しすぎってくらいしてた気がします。
少し悩んじゃうと、すぐ友達に相談しちゃって。
その時は若かったしなんにも考えてなかった。

社会人になってから、高校の時からよく相談にのってもらってた親友とケンカをしました。
お互いちょっと分かり合えなかったってのもあるんだけど、
その時メールで、
『今まで話聞いて あ げ て た の に』
って送られてきました。
それが何より、一番心にズシーーーーンときて、
その瞬間から、周りの誰にも本音なんて言うもんか、と思ったのです。

と言うか、
みんなにそう思われるのかと思うと、怖くてできなくなったのです。

でも、その親友を責めることはできません。
だって、確かに場の雰囲気壊して暗くしちゃったりしてたと思うし、
言われないと気が付かなかったんだ。


友達もいる、恋人もいる、家族もいる。
でも、いつしかワタシは心の内を話さなくなった。


大人になるにつれて、昔よりも辛いことは多い。
だけど、相談して何になるんだろう?と、どうせ決断するのは自分じゃないかと、
ひねくれ者になってしまいました。
だけど、誰にも話せない苦しさが胸を締め付けるのです。きゅーーーーっと。
お医者さんに頼ったこともあります。
お医者さんは『無理することはない』と、安定剤を処方してくれました。
ただ、それだけでした。


今日もすごくすごく辛い気持ちになってしまって、
一人じゃいてもたってもいられなくなって、
誰かに少しでも話を聞いてもらいたくて、
パっと思いついた、一番話を聞いて欲しいと思った親友にメールしてしまいました。
そしたら、すぐ返事をくれました。
『大丈夫?会って話聞くよ!』
『いつもあたしが愚痴ってるから、こういう時こそあたしの出番!』
涙がボロボロ出てきました。
心配してもらうって、こんなに嬉しいことだったっけ。


相談しないこと、一人で抱え込むこと。
これって、全然かっこいいことじゃないし、それが強いって言えるかと言えばそうじゃないのかも。
誰かに頼るって、頼れるって、素晴らしいこと。
最後は自分の気持ちだってのは間違いじゃないけど、
少しの助言をもらってみる勇気。
感謝は忘れないでね、周りに助けられてることに。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mecotan2.blog115.fc2.com/tb.php/161-5fba129f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。