上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2007.10.13  怖かった。。。
未確認飛行物体のような大きな物体がとある町のビルの屋上に降り立った。

それは、爆発物だった。

それが爆発すると、町全体が破滅するという物らしい。

ニュースやラジオでは非難警告の嵐。
狂ったように走り逃げる人々。
交通機関も緊急停止。

私は、同じ位の歳の見知らぬ男の子と女の子と3人でいた。

その爆発物は、いつ爆発するかも分からない。

いくらか一緒に逃げたけど、半ば諦め、シェルターらしき場所に、
他の人たちと一緒に隠れてた。

町は薄暗く、空気もどんよりしてた。

『本当に爆発するのかな。』

『死んじゃうのかな。』

そんな会話をしてた。

それは一瞬の出来事だった。

ピカーーーー!!!と、
目の前が見えなくなるくらいの光が放たれた。

しばらくして、目が覚めた。

『なぁんだ、無事じゃん・・・』

周りの人たちも無事だ。

携帯電話の時計を見た。
何故か時間が止まっている。
『・・・・・???』

そうして一人、町を彷徨った。
町はまだ薄暗かった。

少し歩くと、何故か会社の上司がいた。

彼の顔を見て、私は知ってしまった。


『○○課長、もしかして私、死んでるの・・・?』


彼は号泣した。

あぁ、私はあの一瞬で死んだんだ。
お母さん、心配してる。電話しなきゃ・・・
でも、携帯使えない。
まだまだいろんなことしたかったな。
結婚したかったな。

最後に、お母さんの顔が見たくなってたまらなかった。
自分が死んだことを分かりながらも、
お母さんに、何の花かも分からない種を届けに行こうとした。


++++++++++++++++++++++++++++++++

こんな夢を、昨晩見ました。
夜中に目が覚めて、いい歳こいて、夢で久々に泣きそうになりました~
あまりにリアルだったんで。。。

印象に残る夢を見た時は、結構“夢占い”とか見ます、私。
上の夢は、全体的にストレスを象徴しているみたい。
当たってるかも・・・。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mecotan2.blog115.fc2.com/tb.php/55-a1328e00
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。